【中華鍋最強】テフロン・シルバーストーン加工のフライパンを卒業

ずっと買い続けていたフッ素加工のフライパンを使うのをやめてます。

そして昔から家にある中華鍋で色々と焼いたり炒めたりしております。案外いいですよ!

スポンサーリンク

フッ素コーティング(テフロン加工)フライパンの耐久性

ストーン加工やテフロン加工のフライパンって最初は何焼いても何炒めてもツルンツルンで、目玉焼きなんてフライパンから滑り落ちるんじゃない?!っ思うくらい気持ちよく使えますよね。

そして汚れもあっという間落ちてお手入れ簡単♪

でも数か月、いや、ものによっては数週間で加工がとれて、食材がこびりつくようになるのは誰しも経験があると思います。

うちはいつもニトリで売っている安いフッ素(テフロン)加工のフライパンを買う事が多かったですが、すぐに加工が剥がれるので、その当時テレビやネットでよく宣伝していた下記の画像のフライパンを買ってみました。

スーパーストーンバリアのフライパン。

使い方にもよるでしょうが『数年は耐えうる』と信じて買ったのに、私からすれば結構高い買い物だったのに。。。5,500円!残念ですがあまり長持ちしませんでした。そして重かった・・・

結局、ニトリの安いフライパンに戻っていったのですが、そうだそうだ、家には年季の入ったこいつがあるじゃないか、そう中華鍋!

ということで、ものは試しと使いこんでいる中華鍋で色々と焼いてみる事にしました。

 

ハムエッグです。これは1つ卵バージョンですが、2つ同時に作ってもちゃんと綺麗に美味しく(自分の中では)出来上がりました。

 

こちらは鮭の切り身。しめじも投入。蓋をするので切り身の上に置いててもいい感じに蒸されてます。出来上がりもふっくら。

ちなみにこの蓋はニトリで購入したものです。

 

中華鍋なので底は丸くなっていますが特に問題なく調理できました。

そして気になるこびりつきですが、油をひいているおかげか綺麗にフライ返しでお皿まで持っていけます。鍋の方にもこびりつきがあまりありませんでした。

多少はありますが、テフロン加工などのこびりつきとは明らかに違います。

でも例外もあります。

画像はないのですが、豚バラを炒めた時はかなり鍋にこびりつきましたね。それでもたわしを使って洗えばすぐに落ちるので洗うストレスはあまり感じません。

この違いは蓋をするかどうかだと思います。蓋をすることによって蒸されるので底にこびりつかないのかと思われます。

全てを中華鍋で完結させたい気持ちになってきているので、これは上手に肉を炒めるコツを探る必要がありますね!

でもですね、ハンバークとかになるとどうなんでしょうか?1個や2個ならいいかもしれませんが、数個焼こうとすると斜面に置く事になるので、ひっくり返す時が難しいのではないかと予想されます。

こちらはまた検証してみたいと思います。

上手くいかないようなら、鉄製のフライパンを購入してみます。平なので問題ないでしょう。

中華鍋(鉄鍋)の利点

鉄分が摂れる

私が一番いいと思ったのは中華鍋を使う事によって鉄分が摂取出来る事です。

ためしてガッテンでも紹介されてますが、

鉄鍋や中華鍋、鉄タマゴ(鍋に入れて使う鉄のかたまり)などを使って料理すれば、微量の鉄が溶け出して、鉄分補給ができます。

サプリメントから摂るのではないので、サプリ嫌いな人でもこれなら自然に鉄分を摂取出来ます。

 

それからフッ素加工だと油をひく必要がないのでヘルシーだと言われますが、うちはオリーブオイルを使っているので逆にこちらの方がヘルシーなんじゃないか?と信じて疑ってません。(※個人の感想です)

後片付けが楽

最初は簡単・綺麗に汚れが落ちるテフロンやシルバーストーン加工でも、そのうち簡単に汚れが落ちなくなります。

目玉焼きの白身部分なんて、綺麗に取れない食材ナンバーワンじゃないでしょうか。ほんっとに取れない!

取れない部分を力を込めて擦ると加工部分が取れてしまうので思いっきりガシガシたわしを当てる事もためらわれます。

そしてただのこびりつきまくりで、いらつくフライパンに成り下がるわけですが、中華鍋(鉄鍋)はガシガシ洗っても丈夫なので気になりません。私は無印で売ってる亀の子たわしでガシガシやってます。

また中華鍋を錆させないために「しまう時には少量の油を塗らないとダメ」と言われますが、私はやってませんよ(^ ^;

最初のころこそやってましたが、次に使う時にがっつり洗わらないといけないし、不衛生に感じるのですぐにやめました。それこそGを呼んでしまいかねません((((;゚Д゚))))ガクガク

今では火にかけて水を飛ばすだけです。それでも全然錆びませんよ!

とにかく頑丈に出来ているので少々手荒に扱ってもビクともしないところが好きです。

スポンサーリンク

これからは鉄鍋で!

安いテフロン・ストーン加工のフライパンを買い替える続けるのも一つの方法だと思います。実際私も数年間そうやってきました。

だけど、

  • 数か月で買い替えるのが面倒!
  • 自然に鉄分を摂りたい!

という理由でこれからも鉄製にこだわっていきたいと思います!

生活
スポンサーリンク
もっとうよよこをフォローする
もっとうよよこ.com