【結果】原発性アルドステロン症ではなかったのでこのシリーズは終わります⑤

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症かどうかを調べるための血液検査を約二週間前に終わらせました。

そして先日結果が出ました。

 

はい、タイトルにもあるようにアルドステロン症ではありませんでした。

 

アルドステロン/レニン比(ARR)≧200(注)となった場合、この病気を疑います。

引用元:日本内分泌学会

 

私の場合、この比率が172でした。よってこの病気ではない、という事なのでしょう。

 

実は嬉しいです(・∀・)

当初は原因がアルドステロン症だったら、副腎に出来ているであろう腫瘍を取ってしまうことで高血圧が治ると思っていたのですが、アルドステロン症だったとある人のブログをみると、腫瘍を取ることで高血圧は治ったけど、他の臓器に弊害が出ているようです。

それじゃあ、完全な健康体になれないってことですよね?元も子もなくない?

もし私が副腎の手術をしたとしても、他に弊害はないかもしれないけど、あるかもしれない。

なのでアルドステロン症じゃなくて、普通の高血圧症で良かった!と思った次第です。

 

そして一般的な高血圧症という事になるので、食事療法や体質改善などで高血圧を改善する事が出来る可能性がある、という事です。

 

スポンサーリンク

 

でもね、私の数値って一般的な高血圧の数値じゃないんですよね~(^ ^;

病院の待合室で血圧を測ったんですが

 

待合室に着いて程なくして測った時(最高血圧/最低血圧/脈拍の順です)

175/138/102

 

あー・・・来たばかりだし、ちょっと緊張しちゃったかな?想定内、想定内。

 

では気を取り直して再度測定

180/99/116

あれ?上がったわ(笑)ウケる

 

で、待ち時間が長かったので30分後くらいに測ってみた数値がこれ。

207/100/125

え~・・引くわ。。ァハハ・・(゚∀゚ll)。o(ワラットコ)

鼓動が早いと感じる以外、特に体に異常は感じません。頭痛もしないし変態な体です。

 

ここで注目していただきたいのは脈拍です。早いでしょ?そう、私、ちょっとでも緊張すると、どんどんどんどん緊張が増す体質なのです。

いわゆる『白衣高血圧症』なんだろうけど、度が過ぎるんですって(笑)

白衣高血圧症の度が過ぎるだけなんですかね?ちなみにその後、家に帰って落ち着いてから測ると

 

121/106/97

ここまで下がってました。

要するに『心を整える』方法を学んで常に平常心を保つようにする事が、正常な血圧になるための要因の一つだということでしょう。

 

 

そして診察へ

診察室でちょっと先生とおしゃべりして和んだところで測っても結局190ぐらいまでしか下がりませんでした。

で、そこで先生から『アルドステロン症じゃないっす』という診断をされたわけです。

で、冒頭の「よかった、アルドステロン症じゃなくて」に戻るわけです。

 

ここから降圧剤の話になります。

先生は多分、私の200越えの血圧を見たからなんだと思うのですが、私の

「普通の高血圧症ということですが、薬は飲みたくない派なので、薬は減らしたいです」

という希望を全く無視し、逆に1錠お薬を増やされました。(-_-)

増やされた薬は利尿剤です。

元々トイレが近いのでこれ以上近くなるのは勘弁、という趣旨の事も伝えたのですが、とりあえず2週間試してみて欲しいと言われました。

その後、『処方箋もらったけど無視して、今まで行っていた近所のクリニックで相談しようか・・・次の予約もブッチしたろか?』と悪い考えがよぎったのですが、一応先生と2週間飲むと約束してしまったので、ここは義理と人情を秤にかけた結果、義理を通し2週間は言われた薬を飲むことにしました。

 

でも私の最終的な目標は

薬一切なしで正常な血圧を保つ!です。

その正常な血圧の範囲というのは普通だと現在130ぐらいでしょうが、私の場合は160を目指します!

まずは薬なしでそこらあたりの数値にするために、トマトジュース毎日飲んだり、炭酸風呂に入ったり(暑くて最近サボってる)、運動したり(あまりしてない)自分で出来る事をやっていきたいと思ってます。

でも自分自身を考察するに、緊張してしまうが故に血圧が上がるという状況をなんとかする事が最優先な気がします。

でも脳出血した時は、職場だったので特に緊張はしてなかったんだけどな・・・・

やはり謎は残ります。

その辺も含めて今後は

『高血圧を自力で治すシリーズ』にシフトしていきたいと思ってます。

 

今までアルドステロン症の事で検索して来て下さった方、あまり参考にならなくて申し訳ありません。

でも私としてはアルドステロン症ではないとわかった事で、原因が一つ消えて気持ちがスッキリしました。

なので、疑いがあって気持ちがモヤモヤされている方は近くに調べてくれる病院があれば是非一度検査される事をおススメします。

 

最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

今までのアルドステロン症関連の記事一覧です。ご参考まで