引き寄せの法則にハマるって事は幸せじゃないって証明してる事になるよ

引き寄せの法則について情報を漁る事はおすすめしません。その理由は?スピリチュアル

引き寄せの法則や潜在意識活用の情報ですが、昔は書籍やブログでの情報収集が主だったのですが、最近はYoutube動画でもあふれてますよね。

見ている人もたくさんいると思います。

以前は私もその一人だったのですが、今はほとんど見ていません。

自分が気になるタイトルのものを時々見る程度です。

なぜなら、見れば見るほど幸せになれない と気付いたからです。

スポンサーリンク

スピ系のチャンネルをいつも見ている=幸せではないの証拠

だって、すでに生活が充実している人や、幸せに暮らしている人はもう見る必要がないわけですよね。

そう、見ないです。

例えば既にお金ついて満たされている人がいるとします。

満たされている人が「潜在意識を活用してお金持ちになるためには?」のような情報を毎日探して見聞きするでしょうか?

お金をたくさんもっている人でも更なる高みを目指す人はいるでしょう。

そういう人たちは株式投資や不動産投資を学ぶなどして、さらにお金を儲けるための勉強をしたり、具体的な行動をしています。

ビル・ゲイツが満月の夜にお財布をフリフリして金運を上げようとは思っていないでしょう。

 

恋愛に関していえば、結婚して幸せに暮らしている人は「スピリチュアル的に恋愛運を上げる方法」など見ないですよね。

(結婚しても浮気願望があって、そういうものを見る人もごく少数いるかもしれませんが、そんな奴はそのうち絶対に不幸になるだけなので、この話題からは除外とします)

そうでないまだシングルの人たちは素敵な人に出逢うために、引き寄せの法則や潜在意識の活用法などの情報を読み漁るかもしれません。

 

でもこういった情報収集をするという行為は、

「私はまだお金持ちではありません

「素敵な人とも出逢えていません

「まだ幸せではありません

ということを証明している事になります。

まだ満たされていない、という事を

自分の潜在意識に繰り返し繰り返しインプットしている

という事に繋がっています。

逆に、

引き寄せの法則や潜在意識だのを熱心に見ない人=今は幸せだから必要ない

という事に繋がります。

これは自分の中ではかなりの発見だと思いました。

引き寄せの法則や潜在意識を否定しているわけではありません。

むしろ大好きで、そういった書籍、ブログ、Youtubeを昔は見まくってました。

そして気づいたのが先ほどから言ってる説です。

 

目に見えない何かによって、自分の願いが叶えられたり状況が変わったりすることはあります。

私も何度も経験しました。

その上でいいます。

やはり毎日毎日そういうのを見る人というのは、それを見て安心したいんです。

でも安心が足りなくてまだまだ見たいと思ってしまうんです。

見ないと安心しなくて毎日見ます。

そして、自分の潜在意識には「不足」という事実が確実に刻まれていくわけです。

解決方法

ではこの負のループから抜け出す方法は?

簡単です。

当分、情報を遮断することです。

結局、暇だからやることがなくてハマってしまうんだと思います。

だったらお金が欲しい人は、直接なんらかの行動を起こしたほうが精神的によっぽど安心感が生まれます。

恋人が欲しい人ですが、他の事に一生懸命になった方が良いと思います。

これは友人を見ていての感想ですが、「いい人がいないかな」とその事ばかりに集中して、そして悲観的になって、結果、頑張っているのですが万年彼氏なし状態が続いています。

お金も恋人もですが「執着を捨てる事によって願いは叶う」と引き寄せの法則では言われています。

それは、執着を手放す事=もう既にある

という事の証明となります。

証明されると、ここはなんと説明したらいいか難しいのですが、人間の人智を超えた不思議な力によって、証明されたことが現実となるんですよ。

ここは浪漫です☆

願望成就に関してのTips

個人的な経験ですが、このスタンスでいればお金と恋愛に関しては大体上手くいきます。

●お金ついて●

あって当たり前。お金ならいくらでもあるわ!(・∀・)

●恋愛について●

自分はモテて当たり前(・∀・)

かる~い感じで思っているといいですよ。

それと共に自分の潜在意識を安心させる事が第一なので、少しでもいいから行動はした方がいいですね。

それは「何もしなくて幸せになれる」とは一般的に人は思っていないからです。

先ほども書きましたが

●お金・・・仕事を見つける、副業をするなど。

●恋愛・・・綺麗な身なりでいるようにする。髪型を変えてみるなど。

行動する事が安心感に繋がります。

とても大切な事です。