300文字程度のnoteの記事が検索1位になるのはナゼなんだろう?

スポンサーリンク

ほんと、なんでなんですかね?タイトルの疑問。

誰か教えてください !

 

今日、とあるワードでグーグル検索をしていました。

特に自分のブログでのワード選定とかそういうのじゃなくて、純粋に知りたいことがあったので検索しました。

そうしたら、とても惹かれるブログに行きついたんですよ。

昔からあるタイプの無料ブログで、主に筆者の日常が綴られているのですが、文章が素晴らしいのと物事の捉え方が面白いのとで読みごたえがあるブログになっていました。

それに加えてかなり長い間運営されているせいもあり、検索の上位に位置されていました。

納得の結果です。

 

それから更にとある事が気になり、違うワードを調べていたのですが、これがトンデモない記事が上位1,2を占めていました。

1位は300文字程度の記事。2位に至っては137文字でした。形状からしてTwitterをそのまま貼り付けただけのようです。

内容はどちらもスッカスカのnoteの記事でした。

これはnote批判ではありません。noteは元々自由な場所だから。ただ検索の上位に表示される事に対して疑問があるだけです。グーグルへの疑問かな?

今までもちょいちょい目にしてました。

特に読者目線でも何でもない普通の日記なのに、なぜか上位に表示されているものがあり、見てみるとnoteの記事なんですよね。

え~っと、グーグルってユーザーの役に立つ記事を大切にするんじゃなかったんでしたっけ?

あと長文が有利と聞きます。最低でも1000文字くらいですか?

 

ちなみにワードプレスで作成されたであろう別ブログが同ページの中盤あたりにあったのですが、それは最近のSEOのテンプレ通りに「読者のなぜ?」に答えるべく

・理由
・解決方法
・まとめ

をかなりの長文で仕上げてある大作でした。

正直、ちょっと「くどい」感が拭えなかったんですが、でもペラッペラのnoteの記事に比べたら、このくどい記事の方が上位に表示されるべきだな、と思いました。

この記事書いた人、悔しいだろうなー。

 

考えるに、noteって広告が載せられないんですよね。

ゆえにユーザビリティが高いという判断をされるんですかね?グーグル的には。

それだけ?

私は疎いのでよくわからないのですが、実はSEOにものすごく強いんですか?

スポンサーリンク

ふたつの検索結果を照らし合わせてみて

今日、二つの違うタイプのブログ

・ただの日常日記だけど面白いブログ、だから検索上位

・ただの日常日記だけど面白くないブログ、だけど検索上位

を見て思いました。

 

「無理せず、自分の日常を綴ろう」と。

 

というのが、私のこの雑記ブログなんですが未だ方向性が定まらず、どうしようかと考えあぐねていました。

何を書いたらよいかわからず、とにかく手当たり次第目に付くものを記事にしていってます。

これが雑記ブログの利点といえばそうなのですが、書いててもあまり筆が乗らないんです。

本来ならブログはやってて楽しいものなのに(過去の経験より)、これでは元も子もありません。

 

 書いたら人に読んでもらいたい。

 だからSEOに則ったな記事にしようとする。

 楽しくない。

 だが、ただの日記でも上位に表示される事を確認。(質は関係なく)

 

という事で、今後は無理せず書きたい事を書きたい時に書き連ねることにしました。

ただその書きたい事象についての深堀はある程度はしますよ。

さすがに缶ビールの画像に「オリオンビール、最高!」だけの記事じゃまずいでしょう。

 

オリオンビール 最高

オリオンビール 最高です!(・∀・)

 

いや、でもあえてやりたいかも(笑)

 

つらつらと書いてきましたが、でもこれって2ヶ月目のブログ運営で言ってたことと同じなんですよ。

「悩む事に飽きた!」と、さも何もかも悟ったかのように書いてありますが、その時はそうだったんだろうけど、結局うじうじ悩んでたんですね (^ ^;

人間だもの、あるある!

どの道、このような雑記ブログが軌道に乗るまでには数年を要すると思うので、気長に自分のブログを可愛がっていきたいと思います。

 

●本日の絵画●

Cliff Walk at Pourville(プールビルのクリフウォーク) Date:1882

Artist:Claude Mone