F12を使って 「名前を付けて保存」を簡単に!【PDF化も簡単】

スポンサーリンク

あなたは今までMicrosoft Office、そう、エクセル・ワード・パワーポイントなどの名前を付けて保存をする時や、PDFに変換する時、わざわざ「ツールバーのファイル→名前を付けて保存」を使っていませんか?

F12のファンクションキーを使えば、もっと簡単に名前を付けて保存や、PDF化ができますよ!

いくつかの職場で働いてきましたが、F12のファンクションキーを活用している人が少なく、教えてあげると喜んでいたのでここで記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

1.名前を付けて保存が早く出来る

①F12ボタンを押します

新規のファイルに名前を付けて保存する場合も、名前を変更して保存する場合も同じです。

名前を付けたいエクセル(ワード、パワーポイントも同じ)を開き、保存する段階でF12のファンクションキーを押します。

すると、下記のようなウィンドウが表示されます。

 

②ファイル名を入力し、保存します

保存先を選び、ファイル名の箇所に任意の名前を入力し、保存を押します。

どうですか?これだけです。早いでしょう!

2.エクセルからPDFにする方法

これは先ほどの応用です。エクセルで選択したシートをPDFに変換します。

①エクセルでPDFにしたいシートタブを全て選択します。

複数のシートを選択するときは、Ctrl、またはShiftを押して選択します。

全てのシートを選択したい場合は、どれか一つシートタブをクリック → その上で右クリックすると下記のように表示されるので、その時に「すべてのシートを選択」を選びます。

②F12ボタンを押します

下記のウィンドウが表示されるので、ファイルの種類でPDFを選択します。

 

③ファイル名を入力し、保存します

保存先を選び、ファイル名の箇所に任意の名前を入力し、保存を押します。

④PDFのできあがり!

 

はい、PDFの出来上がりです。これも非常に早く出来ますね!

 

エクセルだけではなく、WORDでも同じことですので、試してみてください。

 

PDFにするには、印刷 → プリンタをMicrosoft print to PDFという方法もありますが、私はF12からの名前を付けて保存を使っています。

何故なら、ファイルのサイズが、「印刷してPDFにする」より小さくなるので、容量の点からも利便性が高いからです。

また二つの方法を試してみたところ、出来上がりの見た目(線の太さなど)が若干違うことがあるので、ご確認の上、どちらの方法にするか選んでください。

まとめ

F12のファンクションキーを使うと、

● 保存先を選択 → 名前を付ける → 保存

だけで済むので仕事の効率が上がります。

またPDF化も簡単ですね。

慣れると絶対、F12を使いたくなりますよ!

是非活用して下さい☆